新発売

CiscoのHyperFlexで仮想基盤をReFreshキャンペーン

2つのキャンペーン構成から用途に合ったモデルをご選択ください 限定20台 今なら10Gスイッチ(Fablic Interconnect)もついて超お買い得
パフォーマンス重視構成 メーカー型番:HX240-SP-BP1-FI-1A パフォーマンスモデル FI6248×2台、C240M4×3台の大規模な仮想環境向けモデル ソフトウェアサブスクリプション1年込み 参考定価¥23,523,100(税抜) キャンペーン価格¥8,698,000〜(税抜) 63%OFF サーバスペック 2x Xeon® E5-2690 v4,2.60GHz,14-core,135W,512GB DDR4 RDIMM,Cisco VIC 1227 MLOM,CiscoHX Data Engine 1 yr,Cisco 12 Gbps Modular SAS,2x 1400W PSU(200V),2x 64GB SD Card,15x 1.2TB 12G SAS HDD,1x 120GB 6G SATA SSD,1x 1.6TB 6G SATA SSD
価格重視のお安い構成 メーカー型番:HX220-SP-BE1-FI-1A エントリモデル FI6248×2台、C220M4×3台の省スペース低価格モデル ソフトウェアサブスクリプション1年込み 参考定価¥11,992,600 キャンペーン価格¥4,498,000 63%OFF サーバスペック 2x Xeon® E5-2609 v4,1.70GHz,8-core,85W,128GB DDR4 RDIMM,Cisco VIC 1227 MLOM,CiscoHX Data Engine 1 yr,Cisco 12 Gbps Modular SAS,2x 770W PSU(100V),2x 64GB SD Card,6x 1.2TB 12G SAS HDD,1x 120GB 6G SATA SSD,1x 480GB 6G SATA SSD
※キャンペーン価格は最小構成になります。サイジング結果からノード数が増える場合は価格が変わりますのでご注意ください ※VMware vSphereのライセンスは含んでいませんので別途お買い求めください ※保守は価格に含まれておりませんので、別途お買い求めください ※ソフトウェアサブスクリプションは1年、3年、5年から選択可能です。年数を変更する際は価格が変わりますのでご注意ください ※ミッションクリティカルな環境の場合は4ノード(N+1)以上の構成を推奨しています
キャンペーン概要 キャンペーン期間:2017年7月15日まで
注意事項 ※本キャンペーンはシスコシステムズのセレクトパートナー以上の企業様限定です ※本キャンペーンは初めてHyperFlexを導入するお客様限定です ※対象期間外のご発注分は無効となります ※価格は全て税抜きおよび参考価格です ※キャンペーン内容は予告無く変更・中止する場合があります ※キャンペーン価格はメーカへの案件登録が必要です ※適切にサイジングを行い、ノード数を選定する必要がありますので、担当営業経由にてお見積りをご依頼ください
Cisco HyperFlex Systemsとは シスコシステムズが発表したハイパーコンバージドインフラストラクチャシステムです。Cisco UCS(Unified Computing System)を3台以上で構成し、全ての内蔵ディスクをSDS(Software Defined Storage)で仮想共有ストレージとすることで、ストレージ装置を排除することが可能です。また、サーバ増加に伴い、ストレージ性能も拡大することで、拡張性・柔軟性・迅速性を実現して、低コストな仮想基盤を構築することができます。 Cisco HyperFlex Systemsの特長
独立した拡張性 VDIの高集約やレスポンスが重視されるような高いサーバ処理能力が必要とされる環境向けに、サーバ能力とストレージ能力を分けて柔軟に拡張することが可能です。
ストレージ機能 インライン重複排除、インライン圧縮、ログストラクチャードファイルシステム、データ分散化、VAAIによる迅速なスナップショット、クローンなど、エンタープライズ向けのストレージ装置と同等の機能を備えています。
迅速な導入 HyperFlexのノードに搭載されているSSDにはSDSを実現するためのソフトウェアがインストールされています。また、SDカードにはVMware ESXi がインストールされて出荷され、Fabric Interconnectに搭載されているUCS Managerには、サーバノードを設定できるService Profile機能があります。これらを使用することで迅速に仮想環境を整備することが可能です。
管理の一元化 UCS ManagerとHXデータプラットフォームソフトウェアの管理はVMware vCenterにプラグインで組み込むことが可能です。これにより、vCenterで仮想環境、サーバノード、SDSの管理を一元化することが可能になります。
さまざまな環境にオススメCisco HyperFlex
VDI 低コスト,一貫した性能,迅速な拡張
リモート拠点 容易な展開,管理の一元化,容易な運用
サーバ仮想化 サーバ集約,拡張性,常時稼働の保証
テスト開発 デプロイの迅速性,即時クローン,即時スナップショット
Cisco HyperFlex Systemsの構成例
HX240c構成 用途:・ストレージ容量重視向け(アプリ開発、テスト環境),・サーバと大容量ストレージの集約,ノードサイズ:2RU,拡張性:3~8ノードのクラスタ構成(Fabric Interconnectに接続) HX220c構成 用途:・小規模向け(VDI、リモート拠点の仮想基盤),・サーバとストレージを省スペースに統合,ノードサイズ:1RU,拡張性:3~8ノードのクラスタ構成(Fabric Interconnectに接続)